info@takeda-aguri.com   0258-42-2540
〒940-2305 新潟県長岡市大野甲499-子   0258-42-2083

×

CATEGORY

お米マイスター

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  2018 店長日記»  梅干しの漬け方いろいろ

梅干しの漬け方いろいろ

梅干しの漬け方いろいろ

6月21日(木  
)曇り 今朝の気温20℃ 入梅宣言から10日目の雨。カラカラやっと解消。「今年は梅が不作」と嘆いたら素晴らしい南高梅が送られてきました。赤いほっぺの南高梅。湿った空気に馥郁とした香りが漂ってます。真ん中の物は2年前に漸く手に入れた南高梅漬け。塩と焼酎と氷砂糖でつけた紫蘇無し梅漬け。どういうわけか紫蘇が体に合わないのか塩分が強すぎるのか、紫蘇入りは苦手です。段々と手抜きになって来て今ではジップロックの袋漬けで梅漬け。乾さない梅干し。90歳を過ぎた梅干しの先生の発案とか。カビも出ず塩分も重量の①割を入れるだけなのでお手軽。でもこういう上等の梅を目の前にするとどう
いう風に漬けようか迷ってしう。普段通りの塩たっぷりで顔をしかめるような酸っぱくて赤くてしょっぱい今まで通りの漬け方の梅干しも捨てがたいですが。

          

                

                   

2018-06-30 11:45:15

2018 店長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント